100円でも売っている電解水どう使うの?

一般的に使われている家庭用洗浄洗剤(合成洗剤)キッチン用・浴室用などと書かれている洗剤を使われているのではないでしょうか。多くの洗剤には界面活性剤が含まれ、界面活性剤とは油やたんぱく質などを素材から引き離す役割があり、その界面活性剤の働きにより油がスルッと落ちたりシミが漂白されたりします。

そこで、電解水には酸性電解水とアルカリ性電解水があり、アルカリ電解水がホームセンターや100円ショップ・インターネット・無印良品などでも販売されている人気のお掃除グッズとなりました。

電解水は、界面活性剤を使わない電気分解処理された水です。特にたんぱく質に強く効果を発揮します。「界面活性剤不使用」と言われていて話題になっていますが、界面活性剤なら、何でも危険という訳でなく、肌の弱い人、刺激臭を嫌う人は念入りに濯ぎを行う必要があります。洗剤で健康被害を受けることは、ゼロとは言い切れませんが、まずほとんどありません。

電解水の価格の差も様々で、100円~2000円以上のものもありますね!この差は保存の期間や濃度(㏗ ペーハー)に関係しています。2週間~3週間以内に使いきらないと効果は半減、水になってしまいます。なるべく空気に触れないようにキャップはしっかり閉めて保存することをおすすめします。

保存期間1年以上・ZK生成プレミアム濃縮アルカリイオン電解水の購入なら㏗13.1 4L入り 5,400円・㏗12.5 20L入り 5,400円で購入できます。全国発送可能。

ホームページよりメール注文可能です。

「無色・無臭・無刺激の強アルカリイオン電解水使用」したハウスクリーニング・家事代行サービスは 株式会社マルヤ /

各種スクール・開業支援も JHAビジネススクール栃木校(運営会社:株式会社マルヤ)へご相談下さい。