• 栃木県のハウスクリーニングならマルヤ
  

SDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGSへの取り組み 持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGSへの取り組み

株式会社マルヤのSDGsへの取り組み

株式会社マルヤは、社会と協調し、環境問題・働く力・健康維持に対して清掃を通じて地球・社会の持続可能な発展へ3つの目標を設定し取り組んでいます。暮らしやすい環境を維持するためには、清掃が必要です。従来の清掃方法では、石油系薬剤が大量に使用され、非常に環境負荷が高いものとなっております。
株式会社マルヤでは、清掃の分野から環境負荷をへらすため、最も自然浄化力の高い「エコ洗浄剤」を選定、それを用いた「換気配慮型清掃(プレミアム電解水)」を推奨しています。
また、企業としてできることは仕事の創出、働き方を緩和し働く環境の受皿を広げることで働くことが健康や経済の発展につながり、お客様の「ありがとうの笑顔」は、清掃が作り出す、生きがいづくりとなります。

貧困を無くそう

あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる。

健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。

働きがいと経済成長

包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。

パーパス(purpose)

それは私たちが存在する理由
株式会社マルヤの 「存在意義」を表す言葉です。

「成長ある働きを目指す」

成長することの美しさ、喜び、感動は、目的を持つ向上心から生まれ、努力を重ね継続的な力を身につけたうえで感じられるもの。成長は素直さや生きることを楽しむ気づきとなりさらに成長を生み出す。素直な生き方が成長を助けることも心を魅かれる幸福に近い生き方だからです。