• 株式会社マルヤ

家事代行会社の選び方について

家事代行サービスは現在ニーズが急上昇しているサービスになります。これまで家庭は女性が守るものだという価値観が日本社会では定着していましたが、それも今や過去のものになりつつあります。女性も社会に出て会社で働く時代です。非正規雇用も増加していますので、夫婦共働きでないと満足な収入を確保出来ない家庭も少なくありません。また、核家族化も進んでいます。一昔前は祖父母世代と夫婦、子供の3世帯が同居していることは珍しくありませんでした。

しかし、同居している世帯は年々減少し、核家族化で高齢世帯だけが家庭にいるという状態が珍しくない状況です。高齢者の一人暮らしも増加しています。家事代行は様々な家庭環境に合わせてサービスを選ぶことが出来ますので自分の求めるサービスを提供してくれる家事代行会社を選ぶようにしましょう。

家事代行業者の正しい選び方

選び方としては、一人暮らしの方の場合、留守にしている間に掃除を済ませておいてくれるサービスが良いでしょう。一人暮らしで仕事が忙しいと掃除に選択、食事を作ることも億劫になってしまいます。だからと言って、毎日外食にしていると栄養バランスも偏ってしまいますし、たまには自宅で家庭の味を食べたいとも思うものです。

家事代行サービスの会社の中には、鍵を預けておいて、週の決まった曜日、時間に家事を済ませておいてくれるサービスがあります。疲れて帰ってきて、部屋が片付けられ、食事が用意されているのは嬉しいものです。一人暮らしで家事を外注するのは贅沢なような気がするかもしれません。しかし、外食を減らし、快適な自宅にいる時間が増えれば外で使う支出も減らすことに繋がります。

また、単身世帯はもちろんのこと、結婚をして専業主婦をして自宅にいても子育てを一人で行っている女性は多いものです。昔は二世帯、三世帯同居が当たり前でしたが、一人で家事と育児に翻弄しているのは孤独なものです。家事代行で少しでも家事の負担を減らすことで育児に専念したり、リラックスする時間を捻出することが可能になります。

高齢者の一人暮らしでは、身の回りのことを外部の事業者にお願いすることで遠方で暮らす家族は何か変わったことがないか知ることが出来ます。近くに親族が住んでいれば身の回りのことも親族が出来るものですが、現代社会では難しいケースもあります。また、本人が施設へ入りたくないと希望すれば、代行サービスを上手に利用しながらの生活が本人にとってもストレスの少ない選択肢になるでしょう。